製品/サービス情報

農業系遠隔監視

農業や酪農分野でも活躍する遠隔監視、遠隔制御

農業系分野での活用法

従来は人手と手間がかかった農業系の分野においても、IT技術や工業技術を導入し、効率の良い農業を目指す動きが増えてきました。こうした分野に制御装置や遠隔監視などのシステムが導入されるようになってきています。

  • 栽培の見える化:WEB監視やデータ収集によって、遠隔地でも確実な監視と、栽培データを収集することが可能になります。
  • メール通報:突発的な天候不良や緊急時にメールでのアラート送信が行われて、迅速な対応が可能になります。
  • 遠隔制御:制御情報を遠隔地から送信し、温度や湿度のコントロールやファンの動作制御などができます。

主な課題と解決

生物が相手の農業分野では、生育の具合や環境の変化に細かい対応が必要になります。ビニールハウスや植物工場などでは、温度や湿度を管理し、それに合わせて温度調整や天窓の開閉などの制御が必要になります。また野外の畑においても監視カメラを導入することで、広大な畑の様子を現地にいかなくても、状況を把握することが可能になります。こうした近代農業を支えるための遠隔操作端末、センサーデバイスなどからのデータは、どんな状況下においても確実に送受信されなくては大きな損害を招きます。サン電子の機器ならハードな環境下でも安定した動作と自律接続維持機能(ASC)によって確実な運用が可能です。

サン電子の運用実績

植物工場やビニールハウスでの遠隔監視機能を使ったスケジュール機能、温度湿度制御やファンの動作制御などのシステムの構築、運営をワンストップで実現することができます。茶畑などの広大な敷地におけるカメラによる監視システムの導入や、寒冷地での温度監視による防霜ファンの制御などの実績もあります。さらに酪農の分野では、牛に装着した体内センサーから体温を計測することで、牛の出産をITで管理するといった事例もあります。IoT/M2Mルータにおいて長い実績を持つサン電子なら、さまざまな協業メーカーとの連携も可能で、農業や酪農の分野のあらゆるニーズに応える経験とノウハウがあります。

関連導入事例

製品/サービス情報

お問い合わせ

農業や酪農分野などにご利用できます。メーカーシェアナンバーワンの弊社であれば、お客様の課題の解決に幅広くご対応ができますので、お気軽にご相談、お問い合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ