製品/サービス情報

NSX7000

マルチキャリア対応 LTE通信対応Linuxゲートウェイ

Rooster - NSX7000
品名 NSX7000 SC-RNSX7000
型番 SC-RNSX7000
コード 11S-RNX-7000
標準価格 オープンプライス
JANコード 4907940130407
発売日 2018年1月18日
同梱品 スタートアップマニュアル
※別途オプション品をご購入ください。

IoT/M2Mリナックスゲートウェイ「NSX7000」はIoT/M2M遠隔管理サービス「SunDMS(サン ディーエムエス)」に標準対応し、クラウドから容易にデバイス管理を行う事ができます。「Oracle Java SE Embedded 8 Compact Profiles」を動作させることが可能なので、Javaによるアプリケーション開発が可能です。

製品特長

豊富なインターフェイス
標準インターフェイスとしてEthernet、USB2.0、RS-485を搭載しつつ、拡張ボードにより柔軟に各種通信インターフェイスを拡張することが可能です。
※予定:ブロードバンド専用モデル・海外対応通信モジュール・DIDO接点・RS-232C・Wi-Fi・BLE・920MHz・ストレージなど
拡張ボード
高速通信対応
CPUにはCortex-A9を採用し600Mbps以上の高速スループットを実現します。
優れた耐環境性
温度:-20~60℃(保存温度:-20~70℃)
湿度:0~85%(保存湿度:0~85%)
電圧:DC5~48V(±5%)
振動:JIS D1601-1995(自動車部品振動試験規格)3種-A種
内蔵センサー:電圧、温度
ユーザープログラミングが可能
「Oracle Java SE Embedded 8 Compact Profiles」を動作させることが可能なので、Javaによるアプリケーション開発が可能です。その他C言語などによるLinuxネイティブアプリケーションの開発が可能です。
ユーザーはセンサーデータ等の収集・加工プログラムを自由に設計・開発でき、収集データをデータセンターにモバイル回線を利用して容易に送信できます。
Roosterシリーズの最大の特徴である長期安定運用実現
電波状態による通信エラーなどを防ぐため、定時リセット設定や、死活監視など、自己復帰が可能な機能「ASC(Autonomous Stable Connection)」を搭載し、無人環境下でも安定運用が可能です。
自律接続維持機能ASC
LTEマルチキャリア対応
LTEマルチキャリア通信モジュールAM Telecom社製「AML570」を搭載しており、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(※)(いずれもMVNO含む)に対応しています。キャリアに合わせて機器を選定する必要がなく、利用したいモバイル回線を自由に選択することができます。
※KDDIについては近日対応予定です。
IoT/M2M遠隔管理サービス「SunDMS」を搭載
Roosterシリーズの安心・安定運用をより高い次元で行うため、ファームウェアの更新やログ、温度、電圧管理、死活監視などの遠隔集中管理機能を無償で提供します。詳細はこちら
遠隔管理サービス「SunDMS」
サン電子が提供する「Bacsoft IoT Platform」に対応
PLC(プログラマブルロジックコントローラ)および産業機器や様々なセンサーデバイスなどに対して「機器情報の収集、管理」、「機器の状態監視、異常通報」、「機器の制御」、「データ保存」といったサービスを提供する「Bacsoft IoT Platform」に対応しています。詳細はこちら
Bacsoft IoT Platform
製品/サービス情報

お問い合わせ

Rooster NSX7000:アダプタタイプ、モジュール搭載ルータ、端末外付けルータ、リナックスゲートウェイ等、各種シリーズを取り揃えております。複数のキャリアにも対応していますので、気になる製品がございましたら、お気軽にお問合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ