製品紹介
概要
製品特徴
対応機種一覧
仕様一覧
ご購入先
プレスリリース


設定例
接続・設定方法


マニュアル
マニュアルダウンロード


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-RW Pro

Rooster-RW Pro 概要

Rooster-RW Pro

製品名

Rooster-RW Pro
(ルースターアールダブリュー プロ)
製品型番
SC-RS601GK
標準価格
オープンプライス
JANコード
4582131720171
発売日
2007年5月30日

『Rooster-RW Pro』は(株)ウィルコムのAIR-EDGE PRO/AIR-EDGE/Two LINT DATA、(株)NTTドコモのFOMA、ソフトバンクモバイル(株)のコネクトカード、KDDI(株)のCDMA1XWIN等の各種モバイルデータ通信カードに対応し、優れた耐環境性能を実現した高信頼性アクセスルータです。

従来機種「Rooster-RW(SC-RS5FJ)」のほとんどの機能を継承した上で、耐ノイズ、耐静電気性能を大幅に向上させ、自動販売機、映像監視装置等への組み込みによる無人環境において移動体通信による安定運用を実現する各種機能を新たに搭載致しました。

無人環境において移動体通信による安定運用を実現させる為、ハードウェアの耐環境性能向上に加え、「モバイルデータ通信カードを24時間毎にリセットする」l機能、「Roosterの電源を35時間又は6日間毎にハードウェア処理で電源OFF/ONさせる」機能、「Roosterを24時間毎にソフトウェア処理で自動電源OFF/ONさせる」機能を新たに搭載しております。
無人運用時、「モバイルデータ通信カードを24時間毎にリセットする」l機能と「Roosterの電源を35時間毎に電源OFF/ONさせる」機能を併用して設定しておけば、移動体通信カードに何らかの障害が発生した場合(Rooster-RWProの動作に異常が無い状態)でもモバイルカードのリセット又はRoosterの電源OFF/ONにより自動で復旧させる事が可能になります。

また、『Rooster-RW Pro』ではウィルコム社のAIR-EDGEシリーズ接続時、電話番号、電界強度、位置情報(緯度、経度)を設定画面内に表示する事が可能となっておりますので、設置時に電界強度や位置情報の確認が可能となります。

現在のモバイルデータ通信端末は、従来のノートPCによるデータ通信のみならず、自動販売機、映像監視装置等機器内への組み込み等
無人環境にて様々な用途で利用されており、より安定した運用が求められております。

新製品『Rooster-RW Pro』は『Roosterシリーズ』で多くの企業向け納入実績により培った高い信頼性を継承しつつ、無人運用に最適な機能強化を図りました。