製品紹介
概要
製品特長
対応機種一覧
仕様一覧
ご購入先
プレスリリース

Roosterを利用したソリューションモデル


設定例
接続・設定方法
インターネット接続
Rooster-VMIIとの対向接続
ビジネスmopera接続
Unnumbered接続(アンナンバード)
RAS着信
WakeOn着信
アドレス解決、DNSサービス、DHCP
TELNETサービス、QoS、Webサービス
SNMP、WANハートビート、ログ管理
VPNパススルー、フィルタリング、スタティックルーティング
バーチャルサーバ、DMZ
VPN


マニュアル
マニュアルダウンロード


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-VMII

Rooster-VMII 設定方法


インターネット接続
  1. 設定ツールのメニューから“インターフェイス”→“モバイルカード”→“ダイアルアップ”をクリックします。



  2. “ダイアルアップ接続を行う”のチェックをオンにし、設定をクリック


    ■ダイヤルアップモード
    インターネットに接続する場合には、「通常」を選択します。
    ■自動接続
    チェックをオンにするとLAN側から発信要求があった場合、もしくはRooster-VMIIの各種サービスによる接続要求があった場合など、自動発信が行われます。
    ■セッションキープ
    回線接続を維持させておきたい時にチェックをオンにします。
    ■無通信監視を行う
    チェックをオンにするとRooster-VMIIが指定した秒数の間、通信が行われなかった時、自動的に回線を切断します。
    ■NATを使用する
    WAN側への通信を行う際にIPアドレスの変換が必要になる場合、チェックをオンにします。インターネット接続の場合には通常はチェックをオンにします。
    ■本体側IPアドレス
    WAN側のIPアドレスが自動取得の場合には「自動取得」を選択します。WAN側のIPドレスが固定の場合は「IP固定」を選択し、IPアドレスを入力ください。
    ■認証プロトコル
    ダイヤルアップの認証プロトコルを選択します。
    「相手に合わせる」または「MS-CHAPv2」のどちらかを選択ください。
    「MS-CHAPv2」を選択した場合、暗号化が有効になります。
    ■暗号化
    認証プロトコルで「MS-CHAPv2」を選択した場合、暗号化を「無効」または「MPPE128bit」のどちらかを選択してください。

    ※ここで“ダイアルアップ先の設定”を行う前に、一度“設定ボタン”をクリックし、設定を反映させます。

  3. “後で再起動を選択し、ダイアルアップ先の設定へ移ります。



  4. “ダイアルアップ先の設定”をクリックします。


  5. “追加”ボタン で詳細設定画面へ移動します。




    アクセスポイントの電話番号、ユーザー名、パスワードを入力します。



    ■電話番号
    アクセスポイントへの電話番号を入力します。電話番号のハイフンは入力してもしなくても構いません。
    ■ID
    プロバイダから提供されたユーザー名を入力します。
    ■パスワード
    プロバイダから提供されたパスワードを入力します。
    ■接続方法
    インターネット接続の場合は“通常ダイアルアップ”を選択します。

  6. “設定”ボタンをクリックし、Rooster-VMUを再起動します。