製品紹介
概要
製品特長
対応機種一覧
仕様一覧
ご購入先
プレスリリース

Roosterを利用したソリューションモデル


設定例
接続・設定方法
インターネット接続
Rooster-VMIIとの対向接続
ビジネスmopera接続
Unnumbered接続(アンナンバード)
RAS着信
WakeOn着信
アドレス解決、DNSサービス、DHCP
TELNETサービス、QoS、Webサービス
SNMP、WANハートビート、ログ管理
VPNパススルー、フィルタリング、スタティックルーティング
バーチャルサーバ、DMZ
VPN


マニュアル
マニュアルダウンロード


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-VMII

Rooster-VMII 設定方法


VPNパススルー
  1. 設定ツールのメニューから“ネットワーク”→“パススルー”をクリックします。

  2. 通過させるVPNプロトコルのチェックをオンにします。


  3. “設定”ボタンをクリックし、設定内容を反映させます。


スタティックルーティング

  1. 設定ツールのメニューから“ネットワーク”→“スタティックルーティング”をクリックします。

  2. スタティックルートの追加を行いたい場合は“追加”ボタンをクリックします。


  3. スタティックルーティングの詳細設定を行います。


    ■ネットワーク
    宛先ネットワークアドレスを入力します。
    ■サブネットマスク
    上記ネットワークのサブネットマスクを入力します。
    ■ゲートウェイ
    上記ネットワークのゲートウェイアドレスを入力します。
    ■インターフェイス
    この設定を適用するインターフェイスを選択します。「LAN」を指定します。

  4. “設定”ボタンをクリックし、設定内容を反映させます。


フィルタリング

  1. 設定ツールのメニューから“ネットワーク”→“フィルタリング”をクリックします。

  2. フィルタリングの設定を行った項目以外のパケットをどう処理するか選択します。


  3. フィルタリング設定の追加を行いたい場合は“追加”ボタンをクリックします。
  4. フィルタリングの詳細設定を行います。


    ■インターフェイス

    この設定を適用するインターフェイスを選択します。
    「モバイルカード」「VPN」「すべて」(※モバイルカードでの通信、VPN通信の両方に適用)のうちいずれかを指定します。

    ■方向
    「受信」「送信」のいずれかを指定します。
    ■動作
    「許可」「遮断」のいずれかを指定します。
    ■プロトコル
    「全て」「UDP」「TCP」「ICMP」「ユーザ指定」のいずれかを指定します。
    「ユーザ指定」の場合はプロトコル番号も指定します。
    ■宛先IPアドレス
    フィルタリングを行う宛先IPアドレスを設定します。
    ■宛先ポート
    フィルタリングを行うポート番号を1〜65535の番号で指定します。
  5. “設定”ボタンをクリックし、設定内容を反映させます。