製品/サービス情報

RX280

SoftBank 4G LTE/4G/3Gハイスピード対応

RX280
品名 RX280 SC-RRX280
型番 SC-RRX280
コード 11S-R10-0280
標準価格 オープンプライス
JANコード 4907940130339
発売日 2016年02月12日
同梱品 スタートアップマニュアル
※別途オプション品をご購入ください。

RX280は、IoT/M2Mルータとして、無人環境でも安定運用が可能な自律接続維持機能(ASC:Autonomous Stable Connection)を搭載し、基本ルータ機能に加え、フレッツ光などの有線回線や、VPN機能(IPsec、L2TPサーバ、PPTPサーバ)に対応し、様々なIoT/M2Mソリューションに適したルータです。
LTEと3G(3Gハイスピード)の両方式を使用可能なデュアルモジュールを搭載し、LTE回線が届かない環境下でも、3G(3Gハイスピード)で確実な通信が可能です。

製品特長

4G LTE/4G/3Gハイスピードに対応
ソフトバンクの4G LTE/4Gネットワークに対応したAM Telecom社製通信モジュール「AMM5220」を搭載し、上り最大50Mbps/下り最大100Mbps の超高速パケット通信に対応。さらには3Gハイスピード(HSPA+)ネットワークに対応し、上り最大5.76Mbps/下り最大21Mbpsの高速データ通信も可能です。
プラチナバンド対応でつながりやすさを実現
LTEでは、2.5GHz 、2.1GHz、900MHzの周波数帯、3G(3Gハイスピード)では、2.1GHz、900MHzの周波数帯に対応しており、LTE、3G(3Gハイスピード)ともに900MHzのプラチナバンドに対応。
つながりやすく、快適な通信サービスが可能になります(順次エリア拡大もソフトバンクで進行中)
ソフトバンク「ULTINA IP-VPN」に対応
カメラ利用等で問題になるセキュリティ対策も、ソフトバンク閉域網サービス「ULTINA IP-VPN」の使用により、セキュアなシステムを構築することが可能になります。
WAN側回線は無線・有線の両方をサポート
LAN×1ポート、WAN×1ポートの計2ポートを搭載し、WANポートからは有線回線(フレッツ光等)の利用が可能で、モバイル回線と有線回線の二つの環境で本端末の利用が可能です。また、WANポートは切り替えが可能で、LAN×2ポートとしても利用可能です。
無線回線の接続状態を確認
接続している無線回線の電波強度、電波品質の確認に加え、接続している周波数帯も取得することができるため、導入時の電波環境確認や導入後の運用にもお役に立てます。
RX180(3G版)からの移行が容易
筐体は127(W)×81(D)×22(H)mm とRX180(3G版)と全く同じコンパクトなサイズスペックを実現。RX180既存ユーザ様の追加の組込設計工数を最大限に削減し、LTEへの移行が可能になります。
低消費電力を実現
通信を行っていない待機時には低消費電力状態(約0.3W)となる「おやすみモード」を搭載しました。
広い温度範囲、各種電源電圧に対応可能
動作温度範囲を-20~60℃とし、電源電圧も5~24Vを実現し、組み込み用途や様々なIoT/M2M市場の環境下でも対応が可能です。
自律接続維持機能(ASC:Autonomous Stable Connection)を搭載
電波状態による通信エラーなどを防ぐため、定時リセット設定や、死活監視など、自己復帰が可能な機能「ASC(Autonomous Stable Connection)」を搭載し、無人環境下でも安定運用が可能です。
自律接続維持機能(ASC)
製品/サービス情報

お問い合わせ

Rooster RX280:アダプタタイプ、モジュール搭載ルータ、端末外付けルータ、リナックスゲートウェイ等、各種シリーズを取り揃えております。複数のキャリアにも対応していますので、気になる製品がございましたら、お気軽にお問合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ