Contact Us

CSRニュースNEWS

CSRニュースnews

2017/10/02

フレックスタイム制度の導入について

サン電子株式会社(代表取締役社長:山口 正則)は、本年10月1日よりフレックスタイム制度を導入しましたので、お知らせします。

当社では、これまで一部の部門に所属する社員のみをフレックスタイム制の適用対象として運用し、その結果、効率良く働くことで生産性が向上し、より良い高付加価値な商品・サービス・価値の提供に寄与しましたため、このたび適用範囲を見直し、原則として全部門の社員へ対象を拡大しました。

全部門への当制度の導入により、社員が自主的に時間配分することで、業務効率化による生産性向上や、時間外労働時間の削減、自己啓発・自己研鑽のための時間が確保しやすくなるなどの効果が期待されます。

また、当社においてはこれまでも、男女問わず家庭や育児・介護等と業務の両立をしやすくするための休業制度・在宅勤務制度・短時間勤務制度等を提供しており、少子高齢化やグローバル化等の時代の変化に合わせて、多様な価値観を持つ社員が活き活きと働ける環境を提供し続け、全社員が能力を十分に発揮し持続的に活躍できる、ワーク・ライフ・バランスの実現に努めます。

当社は、社員の自発性とモチベーションを最大限に引き出す「社員主導型経営」とグローバル思考への意識改革を推進し、「夢・挑戦・創造」を企業スローガンに、性能・信頼性・品質に優れた高付加価値な商品とサービスを開発・提供し続けてまいります。

制度の概要は以下のとおりです。

  • フレキシブルタイム:7:00~10:00、16:00~22:00

  • コアタイム:10:00~16:00

  • 休憩時間:12:00~13:00

back to CSRニュース