SUNCORPORATION

Cybersixgill

ダーク/ディープウェブに特化したインテリジェンス
―脅威の兆候をリアルタイムで監視―

CSG-Logo

Cybersixgillはディープ&ダークウェブ上の情報収集・分析に特化したインテリジェンスソリューションです。2014年の設立以来、世界各国の政府機関、法執行機関、民間企業で活用されており、インシデントの対応、サイバー犯罪や薬物事件等の捜査、サイバーテロへの国家的対処等、多様な用途で活用されています。

Cybersixgillの特徴

ディープダークウェブ上の情報カバー

/ ディープ&ダークウェブ上の情報ソースを隅々までカバー /

Cybersixgillはディープ&ダークウェブ上の情報収集・分析に特化したインテリジェンスソリューションです。2014年の設立以来、世界各国の政府機関、法執行機関、民間企業で活用されており、インシデントの対応、サイバー犯罪や薬物事件等の捜査、サイバーテロへの国家的対処等、多様な用途で活用されています。1日に収集できる情報件数は1,000万件を超えており、必要な情報を漏れなく把握することが可能です。
他社のインテリジェンスソリューションと収集情報量を比較すると10倍 (*1) の差があります。
*1 数値は既存ユーザー様からのフィードバックをもとに算出しています。

ディープダークウェブ上の情報カバー

/ リアルタイムの情報収集 /

Cybersixgill は情報収集メカニズムを完全に自動化しているため、TTPやIOCが表面化する初期段階でリアルタイムに検知し、潜在的な脅威が現実化する前に、可能な限り早い段階で対策を取ることが可能です。
他社のインテリジェンスソリューションと情報収集スピードを比較すると24倍 (*2) の差があります。
*2 数値は既存ユーザー様からのフィードバックをもとに算出しています。

他言語対応

/ 多言語対応 /

ディープ&ダークウェブ上では日本語以外の言語(英語、ロシア語、中国語 etc.) でやり取りされていることが多く、内容を逐一翻訳し解釈するのは大きな負担となります。
Cybersixgillには既に自動翻訳機能が搭載されており、あらゆる言語から自動的に日本語へ翻訳できます。

お客様の資産を把握+保護

/ お客様の資産を把握+保護 /

ASM(Attack Surface Management)機能も搭載しており、サイバーセキュリティ脅威の対象となりうる資産(Attack Surface)を正確に把握・管理できます。
さらに、Cybersixgillで監視しているディープ&ダークウェブ上の投稿や、その他脆弱性情報と紐づけて、資産に対する脅威の緊急性と重要度に応じて優先順位付けをし、適切な対処を実行できます。

ポータル画面

Cybersixgill Investigative Portal

・上記全ての機能を網羅
・直感的なUIで誰でも簡単に操作可能
・クエリ制限なし

Cybersixgillの新着情報

サイバーセキュリティのリスクを排除

サイバーセキュリティのリスクを排除

2024年1月19日
CTIに組み込まれたAttack Surface Managementモジュールが攻撃対象領域を可視化し、脅威のリスクを低減します。

詳細を見る >
サイバーセキュリティ5つの予測

攻撃を受ける前に、リスクを発見する

2024年1月19日
Cybersixgillは、いずれののソースからも密かにデータを抽出する高度な機械学習を使用し、利用可能な最も広範な脅威インテリジェンス収集能力を有することが証明しています。

詳細を見る >

Dynamic Vulnerability Exploit(DVE)

2024年1月19日
資産の外部露出とその影響の深刻度データをユニークなリアルタイム脆弱性インテリジェンスと関連付けることにより、リスクを先取りし時間とコストを節約します。

詳細を見る >

最新情報一覧

お問い合わせcontact

お問い合わせ

Cellebrite UFED、Mobilogy Touch、その他製品についてのお問い合わせは、こちらのフォームからお問い合わせください。

contact


UFEDの最新情報をお届けします。メールマガジン配信希望の方は、こちらからご登録下さい。

mail magazine