Rooster 主な特長

モバイルで活用

モバイルデータ通信カード対応

本製品は、各通信事業者のモバイルデータ通信カード及びブロードバンド回線に対応した高速アクセスルーターです。 今までノートPC1台でしか利用できなかったモバイルデータ通信カードが複数のPCから同時に利用できる様になったり PCをハッカーの攻撃から守る事ができたりとルーターならではの便利な機能を多数搭載しています。 1台のモバイルデータ通信カードを外出先だけではなく自宅や会社でも、より便利に使う事ができるようになります。

  • データ通信速度はお客様の利用環境により変化する場合があります。

1台のモバイルデータ通信カード

モバイルカード通信カードを家族で共有

ADSLなどのブロードバンドがお住まいの関係で導入できない場合でも、Roosterを導入すれば、 モバイルデータ通信カードで複数のPCからインターネットができます。

LANケーブルを延長して最大100MまでPCと離れた場所に設置可能

モバイルデータ通信カードの利用環境によって電波の受信状況の良くない場合でも、 Roosterと接続すればLANケーブルを延長することでモバイルデータ通信カードを 電波状況の良い場所に設置する事が可能です。

  • LANケーブルを延長する場合はお好みの長さのケーブルを別途ご購入下さい。

電波の受信状況の良い場所へ楽々設置

LANケーブルを延長して設置場所を自由に変えたい

高性能ファイアウォール機能でハッカーの攻撃からPCを守る

本格的なファイアウォール機能としてSPIプラス機能を搭載しました。
SPIプラスではIPパケットのヘッダ情報のみではなく、データの内容やフラグの状態特定の アプリケーションが複数のポートを使用して通信を行う場合に、1つのセッションとして認識して TCP、UDPのプロトコルまで含めて監視を行っているため、従来のパケットフィルタリングでは 防ぐ事が出来なかった不正アクセスを防ぐことが可能です。
ブロードバンド環境だけでなく、定額のモバイルデータ通信カードにおいても高度なセキュリティを実現しています。

モバイルデータ通信カードがデスクトップPCでも利用できる

Roosterならモバイルデータ通信カードをデスクトップPCからも利用する事が可能です。
ノートPC、デスクトップPCをRoosterにLANケーブルで接続する事で、同時にインターネットにアクセスが可能です。

モバイルデータ通信カードを自動認識でPCに各種ドライバのインストール不要

Roosterは各種モバイルデータ通信カードを自動認識します。Rooster及び カードの各種設定は パソコンのブラウザより本製品の設定ユーティリティにアクセスすることにより行います。
これにより面倒な各OS用ドライバをインストールする必要がなくなりました。

フラッシュメモリ搭載で機能のアップグレードが可能

Roosterはフラッシュメモリを搭載していますので、各種機能の追加が可能です。
今後モバイルデータ通信カードの新型機種が発売になった場合でも、Roosterへ対応させる事が可能です。

特別なアプリケーションに対応

特別なアプリケーション機能を利用すれば、アプリケーションで使用する送受信パケットでポート番号と プロトコルが異なっている場合でも、それらのアプリケーションを利用可能になります。
初期設定ではFTPとNetMeeting、一般的なネットワークゲームが設定されています。
また他のアプリケーションも追加可能です。

バーチャルサーバ機能、DMZホスト機能搭載

バーチャルサーバ機能に対応しております。LANに設置されたPCをインターネットに公開し、 インターネットから公開されたPCへアクセスすることが可能です。更にDMZ(DeMilitarized Zone)機能を 利用することで、外部からのパケットを全て1台のPCやサーバに転送することが可能になります。

PPPoE対応(フレッツ・ADSL、Bフレッツ対応)

PPPoEに対応しておりますので、PPPoE認証が必要なプロバイダに接続する場合でも、 複数のPCから同時にインターネットアクセスが可能です。

Yahoo! BB 対応

Yahoo! BB にも対応しておりますので、Yahoo! BB モデムに接続すれば、 複数のPCからインターネットにアクセスする事が可能です。

ブロードバンドで活用

VPNパケットパススルー機能対応

VPN装置によって暗号化されたパケットをパススルーすることが可能です。
IPSec、PPTPのパススルーに対応していますので、本製品を経由したVPNネットワークの構築が可能です。

WAN側MACアドレス変更機能対応

MACアドレスを変更することが可能です。MACアドレスの登録を必要にする場合や、 MACアドレスを記憶する様な機器に対しても柔軟に対応することが可能です。



11Mbps無線LANアクセスポイント機能付ルーターへのアップグレード可能

別売りのアクセスポイント専用(RoosterCard)を接続することにより、 11Mbps無線アクセスポイント機能付ルーターへのアップグレードが可能になります。

  • RoosterCard とモバイルデータ通信カードの同時利用はできません。



注意、制限事項

  • モバイルデータ通信カード使用時は電波状況によって通信速度、通信状況が変化する場合があります。
  • CF型モバイルデータ通信カードを接続する場合はCFカードアダプタが必要です。
  • モバイルデータ通信カードの着信機能はご利用になれません。
  • P-in Free1S の「DoPa」、「9,600bpsデータ通信」でご利用の場合は、 (株)NTTドコモ 別売りのオプション品が必要です。
  • Roosterを経由してのPHS音声通話機能はご利用になれません。
  • P-in memoryは「モデムカードモード」のみ動作致します。
  • モバイルデータ通信カードと有線ブロードバンド回線の同時利用はできません。
  • RoosterCardとモバイルデータ通信カードの同時利用はできません。
  • P-inFree2PWLをRoosteで利用する場合はPHSシングルモードのみ動作致します。 無線LANシングルモード、デュアルモードでは動作致しません。
    必ずP-inFree2PWL裏面のモード切り替えスイッチをPHSの位置に合わせて下さい。 (DUAL/W-LANの位置にセットした場合は動作致しません)
    なお、無線LANシングルモード、デュアルモードへの対応につきましては、現在のところ未定です。(2003年7月現在)
  • AH-H403CをRoosterで利用する場合は国際ローミングモードではご利用頂けません。



© SunCommunications