製品紹介
概要
製品特徴
対応機種一覧
仕様一覧
プレスリリース


設定例
接続・設定例一覧
接続・設定方法
モバイルカード
ブロードバンド
無線LAN AP
RAS接続
LAN間接続
アドレス解決
WakeOn(Voice)
Webカメラ
サーバ公開
VPN
メッセンジャー
b-mobile


マニュアル
マニュアルダウンロード


FAQ
FAQ一覧


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-RW

Rooster-RW 設定方法


アドレス解決機能を設定するには?

  • 外部ネットワークから、インターネットに接続されたRoosterにアクセスする場合、Roosterに割り当てられたグローバルIPアドレスの情報が必要になりますが、通常のインターネット接続ではインターネットに接続するたびに、グローバルIPアドレスは任意に変化します。

    Roosterでは、変化するグローバルIPアドレスを指定メールアカウントに通知する機能、ダイナミックDNSサーバを利用する機能のいずれかの方法によって、上記問題を解決することができます。

    ここでは、メール通知する機能の設定方法をご紹介します。

  1. Roosterの設定ツールを起動して、[基本設定] の [アドレス解決] のタブをクリックします。



    基本設定
    使用するをチェックします。
    サービスの種類
    プロバイダのメールサーバ(もしくは使用するメールサーバ)の種類を選択ください。
    ここではPOPbeforeSMTPを選択します。
    SMTPサーバ名

    使用するSMTPサーバ名を設定します。
    ※通常、SMTPポートは25番を使用しますが、プロバイダによっては、サブミッションポートを使用する場合があります。
    その場合は、サーバ名の後に“:(コロン)”を入力し、ポート番号を設定します
    。(ファームウェアバージョン:Rから搭載された機能です)
    ファームウェアについてはこちら>>

    POP3サーバ名
    使用するPOP3サーバ名を設定します。
    メール送信の設定
    「標準のメッセージを送信する」または「指定のメッセージを送信する」のいずれかを選択します。
    指定のメッセージ
    「指定のメッセージを送信する」を選択した場合、有効になります。
    送信したいメッセージを設定します。
    高度な設定
    メールを送信する時間の間隔を指定します。
    “0”を指定した場合は、グローバルIPアドレスが変わった時のみメールを送信します。

  2. 設定ボタンをクリックし、Roosterを再起動します。