製品紹介
概要
製品特徴
対応機種一覧
仕様一覧
プレスリリース


設定例
接続・設定例一覧
接続・設定方法
モバイルカード
ブロードバンド
無線LAN AP
RAS接続
LAN間接続
アドレス解決
WakeOn(Voice)
Webカメラ
サーバ公開
VPN
メッセンジャー
b-mobile


マニュアル
マニュアルダウンロード


FAQ
FAQ一覧


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-RW

Rooster-RW 設定方法


IPsecパススルーを設定するには?

  • Rooster-RWには、IPsecをパススルーする機能があります。
    遠隔のネットワーク同士をVPN(仮想プライベートネットワーク)で接続している場合、IPsecパススルー機能を使用することにより、Rooster-RWをローカルルーターとしてお使いいただけます。

  1. Rooster-RWの設定ツールを起動して、[高度な設定]の[フィルタリング] をクリックします。
  2. [NAT]を、[使用する] に設定します。


  3. [IPSecパススルー]を、[使用する] に設定します。


  4. 設定ボタンをクリックし、設定を反映させます。



NetScreenを使用して、VPN環境を構築するには?

  • NetScreenを使用してVPN環境を構築する場合、以下の設定が必要になります。

    NetScreen のIPアドレスを "192.168.62.100" とします。

    DMZ機能を使用して設定する場合

  1. Rooster-RWの設定ツールを起動して、[高度な設定] の [フィルタリング] をクリックします。
  2. [IPSecパススルー]を、[使用する] に設定します。


  3. [DMZ]をクリックし、[公開されるIPアドレス]を "AUTO"、[プライベートIPアドレス]を、
    NetScreenのIPアドレスに設定します。


  4. 設定ボタンをクリックして、Rooster-RWを再起動します。

    使用プロトコルを詳細に設定する場合

  1. Rooster-RWの設定ツールを起動して、[高度な設定] の [仮想サーバ] タブをクリックし、以下の設定を行います。
    設定後、Rooster-RWを再起動するかどうか表示されますが、ここでは、"後で再起動する"を選択します。



  2. [フィルタリング] タブをクリックし、以下の設定を追加します。



  3. [IPSecパススルー]を、[使用する] に設定して下さい。



  4. 設定ボタンをクリックして、Rooster-RWを再起動します。