製品紹介
概要
製品特長
対応機種一覧
仕様一覧
ご購入先
プレスリリース

Roosterを利用したソリューションモデル


設定例
接続・設定方法
インターネット接続
Rooster-VMIIとの対向接続
ビジネスmopera接続
Unnumbered接続(アンナンバード)
RAS着信
WakeOn着信
アドレス解決、DNSサービス、DHCP
TELNETサービス、QoS、Webサービス
SNMP、WANハートビート、ログ管理
VPNパススルー、フィルタリング、スタティックルーティング
バーチャルサーバ、DMZ
VPN


マニュアル
マニュアルダウンロード


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-VMII

Rooster-VMII 設定方法


Rooster-VMIIとの対向接続

    (接続例)
    NATを使用しない場合



    NATを使用する場合



  1. 設定ツールのメニューから“インターフェイス”→“モバイルカード”→“ダイアルアップ”をクリックします。



  2. “ダイアルアップ接続を行う”のチェックをオンにし、ダイヤルアップモードを「対向通信」を選択し設定をクリック


    ■ダイヤルアップモード
    Rooster-VMIIとの対向接続する場合には、「対向通信」を選択します。
    ■自動接続
    チェックをオンにするとLAN側から発信要求があった場合、もしくはRooster-VMIIの各種サービスによる接続要求があった場合など、自動発信が行われます。
    ■セッションキープ
    回線接続を維持させておきたい時にチェックをオンにします。
    ■無通信監視を行う
    チェックをオンにするとRooster-VMIIが指定した秒数の間、通信が行われなかった時、自動的に回線を切断します。
    ■NATを使用する
    対向機側への通信を行う際にIPアドレスの変換が必要になる場合、チェックをオンにします。
    ■本体側IPアドレス
    対向通信接続の場合、numberedでの接続になるため、必ず本体側IPアドレスを「IP固定」にし、IPアドレスを入力ください。
    その際のIPアドレスには、Rooster-VMIIのLAN側IPとは別のネットワークIPアドレスを指定してください。
    ■認証プロトコル
    ダイヤルアップの認証プロトコルを選択します。
    「相手に合わせる」または「MS-CHAPv2」のどちらかを選択ください。
    「MS-CHAPv2」を選択した場合、暗号化が有効になります。
    ■暗号化
    認証プロトコルで「MS-CHAPv2」を選択した場合、暗号化を「無効」または「MPPE128bit」のどちらかを選択してください。

    ※ここで“ダイアルアップ先の設定”を行う前に、一度“設定ボタン”をクリックし、設定を反映させます。
  3. “後で再起動を選択し、ダイアルアップ先の設定へ移ります。


  4. “ダイアルアップ先の設定”をクリックします。


  5. “追加”ボタン で詳細設定画面へ移動します。



    対向側のRooster-VMIIに挿入されているモバイルデータ通信カードの電話番号、認証に使用するID、パスワードを入力します。



    ■電話番号
    対向側のRooster-VMIIに挿入されているモバイルデータ通信カードの電話番号を入力します。
    ■ID
    認証に使用するユーザー名を入力します。
    ■パスワード
    認証に使用するパスワードを入力します。
    ■接続方法
    “通常ダイアルアップ”を選択します。

    ※続けて“RAS着信接続”の設定を行う前に、一度“設定ボタン”をクリックし、設定を反映させます。
  6. “後で再起動を選択し、RAS着信の設定へ移ります。


  7. 設定ツールのメニューから“インターフェイス”→“モバイルカード”→“RAS着信”をクリックします。


  8. “RAS着信接続を行う”のチェックをオンにし、RAS着信モードを「対向通信」を選択し以下の項目の設定を入力し、「設定」をクリック

    着信設定をされる場合には、必要に応じてフィルタリングの設定を行ってください。
    フィルタリングの設定についてはこちら>>>をご覧ください。




    ■RAS着信モード
    Rooster-VMIIとの対向接続する場合には、「対向通信」を選択します。
    ■着信認証を行う
    着信番号認証を行う際にはチェックをオンにします。
    ■認証プロトコル
    対向側Rooster-VMIIのダイヤルアップ接続で設定したプロトコルと同じプロトコルを選択ください。
    ダイヤルアップ接続の設定で「相手に合わせる」を選択した場合は、「CHAP」または「PAP」、「相手に合わせる」のいずれかを選択ください。
    ■暗号化
    認証プロトコルで「MS-CHAPv2」を選択した場合、「無効」または「MPPE128bit」のどちらかを選択ください。
    ■クライアントのIPアドレス
    対向側のRooster-VMIIに割り当てるIPアドレスを入力します。
    対向側Rooster-VMIIのダイヤルアップ接続の設定で、本体側IPアドレスを固定で設定した場合には、そのIPアドレスと同じIPアドレスを入力ください。
    ■本体側IPアドレス
    対向通信接続の場合、numberedでの接続になるため、必ず本体側IPアドレスを「IP固定」にし、IPアドレスを入力ください。
    その際のIPアドレスには、クライアントIPアドレスと同じネットワークアドレスを設定してください。
    ■ユーザ設定
    認証で使用するIDとパスワードを設定してください。
    対向側Rooster-VMIIのダイヤルアップ設定で設定ID、パスワードと同じものを入力してください
    ■NATを使用する
    WAN側への通信を行う際にIPアドレスの変換が必要になる場合、チェックをオンにします。

    ※続けて“着番リスト”の設定を行う際には、一度“設定ボタン”をクリックし、設定を反映させます。
  9. “後で再起動を選択し、着番リストの設定へ移ります。


  10. “着番リスト”をクリックします。

  11. “追加”ボタン で詳細設定画面へ移動します。

    着信の受け入れる電話番号を入力します。

  12. “設定”ボタンをクリックし、Rooster-VMUを再起動します。