製品/サービス情報

AX220

LTEマルチキャリア対応通信モジュール搭載 ダイヤルアップルータ

仕様一覧

 
シリアルインターフェイス RS-232C DCEとして動作
コネクタ D-Sub9ピンオス
伝送速度(※1) 1200/2400/4800/9600/19200/38400
57600/115200/230400bps
伝送フォーマット Start:1bit、Stop:1bit、Data:7・8bit
Parity:none、even、odd
送受信制御 ハードウェアフロー制御
通信プロトコル PPP
制御コマンド ATコマンド
インターフェース Ethernet LAN1ポート(10BASE-T,100BASE-TX)
アンテナコネクタ SMA×2
シリアルコネクタ RS232Cコネクタ(D-sub9ピン、オス)
RFインターフェース 無線周波数 B1(1920~1980MHz(UL)、2110~2170MHz(DL))
B8(880~915MHz(UL)、925~960MHz(DL))
B18(815~830MHz(UL)、860~875MHz(DL))
B19(830~845MHz(UL)、875~890MHz(DL))
アクセス方式 LTE(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)
温度センサ Analog 筐体内部温度を測定
電圧確認 Analog 電源入力電圧を測定
DIPスイッチ 2P(モード設定)
ランプ 2色(赤・緑)2個、単色(緑)4個
外部端子 RS-232Cコネクタ(D-Sub9ピン、オス)、RJ-45
電源コネクタ(3芯)アンテナコネクタ(SMA)2個
動作環境 温度 -20℃~60℃
湿度 25%~85%(結露なきこと)
保存環境 温度 -30℃~80℃
湿度 25%~85%(結露なきこと)
電源 入力電圧 DC5~12.6V(±5%)
消費電流 待機時:約300mA(DC5V)
通信時:約360mA(DC5V)
通信時最大:約1A(DC5V)
消費電力 10W(最大)/3W(平均)
電源リップル 50mVp-p以下
コネクタ モレックス70553-0002(極数3)
環境条件 動作温度 -20~60℃
動作湿度 25%~85%(結露なきこと)
保存温度 -30~80℃
保存湿度 25%~85%(結露なきこと)
耐ノイズ姓(※2)
ACラインノイズ
DCラインノイズ

±2000Vパルス幅100ns/1000ns
±2000Vパルス幅100ns/1000ns
耐静電気性(※2)
直接放電
気中放電

±8kV(LAN/WANコネクタ外周部に印加)
±8kV(LAN/WANコネクタ外周部に印加)
(アンテナコネクタを除く)
振動条件(※2) 装置単体において、加速度19.6m/s²(2g)、
振動周波数30~100Hzの振動(1掃引時間20分)
を上下/左右/前後に加えた後に、各部の損傷、部品などに脱落がなく、機能・性能に問題ないこと
外径寸法 約117(W)×62(D)×28(H)mm
(本製品突起部除く)
約135(W)×68(D)×31(H)mm
(本製品突起部(コネクタ含む)、取付金具含む)
重量 180g
材質 上ケース PC樹脂
下ケース PC樹脂
取付金具 剛板
サポートプロトコル Ethernet CSMA/CD
ルーティング IPv4
認証 PAP、CHAP、認証無
WANプロトコル PPP
通信モード モデムモード 後位機器が本製品に搭載されているモデムを透過的に制御するモードです。後位機器側でTCP/IP、PPPを実装している必要があります。
プロコンモード 後位機器から受け取ったシリアルデータをIPパケットに変換して指定サーバに送信します。サーバから受け取ったIPパケットのペイロードをシリアルデータとして後位機器に渡すことも可能です。
ATコマンド互換モード FOMAユビキタスモジュールをエミュレート動作するモードです。
LAN通信モード 本製品がルータとして動作するモードです。
DHCP サーバ機能 LAN側最大10クライアント(※5)
DNSサーバIP指定、リース時間設定可)
アドレス変換 NAT/IPマスカレード
サーバ公開 バーチャルサーバ(最大32件設定可)
DMZホスト(1件設定可)
アップデート メンテナンスツール(※4)によるアップデート
TELNETによるアップデート(FTPサーバからのダウンロード)
SunDMSによるアップデート
アドレス解決 ダイナミックDNS SunDMS(suncomm.DDNS)(※3)
更新時間設定 可能(5分~)
WANハートビート 相手先 任意のアドレス/ホスト名指定可能
送信間隔 設定間隔(1-60分)
無通信監視タイマー 設定可能(1-60分)
電源制御 ハードウェアおよびソフトウェア
モバイル通信端末
ハードウェアウォッチドッグ 信号タイミング 常時監視(5秒ごと)
発動条件 信号不受信から約1分後
発動動作 本体電源OFFから10秒後に再起動
ダイヤルアップ自動発信条件 LAN側からのパケット受信
シリアル側からのデータ受信
SunDMS
常時接続設定有効時の再接続
ATコマンド
常時接続設定 可能(プロコンモード、LAN接続モード)
モバイル端末情報 TELNETコマンド
→周波数、電波強度、電波品質
ATコマンド(プロコンモード)
→IMEI、自局番号、電波強度、電波品質
APN設定 10件
ロギング 本体内蔵不揮発性メモリへの保存
メンテナンスツール(※4)により取得
TELNETによる取得(FTPサーバアップロード)
SunDMSによる取得
ログの内容 ATコマンド、電波状態、回線情報、認証、IP着信、SMS受信、TCP情報、WANハートビート、フィルタリング情報、DHCP情報、TELNET情報、ダイナミックDNSなど
設定情報管理 ・メンテナンスツール(※4)
・telnet
・SunDMS
フィルタリング 有り(スタティックフィルタリング)
FORWARD/INPUT合わせて40件まで
動作(許可/遮断)/方向/プロトコル/宛先および送信元IPとポート
MACフィルタリング 最大10件まで登録可能
インターネット経由のリモートセットアップ 可能(TELNET/SunDMS)
時刻管理 通信モジュールから取得
MTBF 245,000時間
対応UIMカード ドコモUIMカード(標準サイズ)
保証 1年間
付属品 スタートアップマニュアル(保証書付)※6
IoT/M2Mデバイス遠隔管理サービス
SunDMS
死活監視
各種デバイス情報(温度・電源電圧・電波状態・バージョン等)の監視
ファームウェア更新
設定ファイル取得/更新
ログファイル取得/更新
再起動(コールドリブート)指示
電圧・温度アラート
※他機能は順次対応予定
※1
シリアルケーブルでDTEと接続時はシリアルインターフェイスの伝送速度以上は出ません。
※2
表記の数値は、試験装置による試験性能値です。また、ノイズや静電気を印加し続けた際の動作を保証するものではございません。
※3
弊社が運営するSunDMSの有償オプションのダイナミックDNSサービスです。 詳細はこちら
※4
メンテナンスツールはAX専用のアプリケーションです。
※5
LAN側に同時に接続できる端末数は最大2台です。
※6
ご利用にあたって電源(ACアダプタ)、外部アンテナ、通信ケーブルが別途必要になります。
製品/サービス情報

お問い合わせ

Rooster AX220:アダプタタイプ、モジュール搭載ルータ、端末外付けルータ、リナックスゲートウェイ等、各種シリーズを取り揃えております。複数のキャリアにも対応していますので、気になる製品がございましたら、お気軽にお問合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ