IoTで次のステージへ Movig Forward with IoT

農業スマートアグリ

クラウドを活用したIT農業を実現

農業分野での活用法

農業をめぐる高齢化や新規就農者の不足などから農業分野でIoT技術を活用する取組みが始まっています。IT技術の活用により、省力化、精密化、情報化を可能にする「スマート農業」が実現されるようになってきました。

【ハウス内の環境情報を見える化】
遠隔地からハウス内の温度、湿度、CO2濃度、日射量等の環境情報をリアルタイムにモニタリングする事が可能です。また複数ハウスの一元管理が可能です。
【トレンド把握】
取得したデータの長期トレンドグラフ表示、飽差、PPFDなどの算出、表示が可能です。
【異常監視】
ハウス内で発生する温度等のデータ異常、機器異常をクラウドで監視、E-mailにより通報します。
外部の帳票サーバ等と連携が可能で、Bacsoft IoT Platformで取得したデータを活用できます。さらにcsvファイルを取得する事も可能です。

構成図

構成図

主な課題と解決

農業は人手による作業が中心で、農作業のノウハウは農家毎に経験によって培われており、高齢化によりノウハウの継承が途絶えてしまう、新規就農からノウハウの習得まで長期間を要するという課題があります。
Bacsoft IoT Platformはハウス内に配置された温度、湿度、CO2などの各種センサデータによるモニタリングによるハウス内状態のリアルタイムな把握と、状態監視、長期的なトレンドモニタにより最適な栽培環境を継続して作り出し、効率的な農作業及び作物の収穫量の増大を目的としたスマートアグリの実現に貢献します。

サン電子の運用実績

Bacsoft IoT Platformはビニールハウス内での温湿度、CO2濃度、日射量、EC/Ph、地温/水温等の各種センサのデータの取得とデータの見える化、長期トレンド表示、飽差等の算出、異常通報、機器の遠隔制御等を実現する事が可能です。
ビニールハウスでは上記データのモニタリング、異常通報に加え葉物野菜、果物など作物に合わせた飽差値の算出、ハウス内機器の遠隔制御、ネットワークカメラによるリアルタイム映像監視との組み合わせ及びお客様の帳票サーバとのサーバ間連携によるデータ連携の実績があります。

IoTソリューション

IoTソリューションのお問い合わせは

03-3525-8165 受付時間 平日9:00~18:00 (土日祝日、弊社休業日を除く)
M2M事業部 営業部
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番地
富士ソフト秋葉原ビル11階
mail: sales-suncomm@sun-denshi.co.jp

お問い合わせ

IoT/M2M/IoTソリューションサービスなら安定稼働の実績とワンストップで導入・運用サポートが可能なサン電子へお問い合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ