製品/サービス情報

ダイナミックDNSサービス

ダイナミックDNSとは

ダイナミックDNSとはDynamic Updates in the Domain Name Systemといいます。
モバイル通信端末等を使用してインターネット接続する場合、最も一般的なインターネット接続契約で取得できる非固定(動的)IPアドレスを固定のドメイン名に結びつけるサービスです。
現在ではネットワークカメラやデータロガーなどサーバ機能を内蔵してインターネットを介して様々な情報のやりとりを行う事の出来る機器が存在し、遠隔地か らインターネットを経由してネットワークカメラの映像やデータロガーなどのデータを取得したいというニーズがあります。
その実現の為に、固定IPアドレスを取得する事が望ましいのですが、費用の面から大変敷居の高いものとなっています。
そこで、ダイナミックDNSサービスを利用する事で、機器側がインターネットに接続する度に変化する非固定(動的)IPアドレスでインターネット接続して いても、遠隔地側では固定のドメイン名を指定するだけで、目的の機器にアクセスする事が出来るようになります。
ダイナミックDNSサービスでは、機器側のインターネットに接続する度に変化する非固定(動的)IPアドレスと、固定のドメイン名との結びつけをIPアドレスが変化する度に随時更新する事で固定のドメイン名でのアクセスを実現しています。

サービス概要

suncomm.DDNS イメージ

サン電子が提供するダイナミックDNSサービス「suncomm.DDNS」は、固定IPアドレスを取得する事なくドメイン名 (○○○.suncomm.net)でインターネット上のサーバ等にアクセスする事を可能とする「Rooster(ルースター)」専用のサービス です。
FOMA等のモバイル通信端末を使用して、インターネットへ接続し、ISPから割り当てられた非固定(動的)IPアドレスを「suncomm.DDNS」でドメイン名(○○○.suncomm.net)に自動的に結び付けるシステムです。

「suncomm.DDNS」利用者は、モバイル通信端末が回線接続する毎にISPから取得したIPアドレスを「Rooster(ルースター)」が 「suncomm.DDNSサーバ」に自動登録を行いますので、IPアドレスが変化しても同じドメイン名(○○○.suncomm.net)のまま外部か らインターネット上のサーバ等にアクセスする事が可能です。

サービス詳細

ダイナミックDNSサービスで割り当てられるドメイン名は、

ドメイン名

「xxxx」の部分はサブドメインです。既に登録されている場合にはご利用いただけません。「xxxx」の部分は、半角英数小文字および「-(ハイフン)」が使え、最大で24文字以内です。「.suncomm.net」の部分は、変更できませんので、ご了承ください。

登録DNSレコード

Aレコードのみ

suncomm.DDNSで登録されるDNSレコードは、Aレコードのみです。MX、NSレコードは登録されません。DNSサーバに関しては、構築して利用することは出来ません。
TTL (Time To Live)

30秒

「suncomm.DDNS」のダイナミックDDNSは、 弊社より発売するモバイルルータ「Rooster」と連動したダイナミックDNSサービスです。
Roosterと合わせてご利用いただくことを前提としております。
法人のお客様のみのサービスとさせていただきます。
製品/サービス情報

お問い合わせ

M2Mならサン電子へお問い合わせください。
各種モバイルデータ通信カードに対応したアクセスルータの製造・販売を行っております。M2MルータのRooster(ルースター)は様々なサービスにご利用できます。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ