製品/サービス情報

RX280

SoftBank 4G LTE/4G/3Gハイスピード対応

製品カタログ

取扱説明書

GET ADOBE READER
ご覧いただくにはAdobe社のAdobe Readerが必要になります。 最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ファームウェア更新履歴

  • ファームウェアのメジャーバージョンアップデートでは完了するまでに、10~20分程度の時間を要します。アップデート中は背面のACアダプタを絶対に抜かないようにしてください。動作不能となる恐れがあります。これにより動作不能となった場合は有償修理となりますのでご注意願います。
  • RX以外には、本ファームウェアのアップデートは絶対に行わないで下さい。 誤って書き込みをされた場合、動作不能となる可能性があります。(有償修理となります)
  • 念のためファームウェアのバージョンアップ前にRoosterに設定している情報をメモに書き写して下さい。
  • ファームウェアのダウンロードは、バージョンの記載文字をクリックし、ダウンロードしてください。
Version.1.14.0 ダウンロード(Apr 5 2019)
  • VRRP機能追加
  • SunDMS ステータスが出力されない場合のある問題を対策
  • L2TPの接続性の安定化
  • ネットワークモードが表示できるように修正
Version.1.13.0 ダウンロード(Jan 11 2019)
  • 「SunDMS」有償サービスの後位端末死活監視、電源制御に対応
  • ICMP応答の有無を追加
  • 「DNSリレー」設定がOFFの場合、SunDMS機能における名前解決が失敗する問題を修正
  • WAN接続をしている際、LAN-WAN間で大量通信時の安定性を向上
Version.1.12.0 ダウンロード(Aug 21 2018)
  • デバイスマネジメントサービス「SunDMS」対応
  • WANハートビート設定において「タイムアウト回数」設定を追加
  • WANハートビート機能で異常時にモバイル通信端末をリセットできる機能を追加
  • L2TP通信スループットの高速化
  • 有線回線を使用した時に、IPsecサービスが停止してしまう場合のある不具合を修正
  • IPsecの動作安定化

  • ※ファームウェアアップデート後、「SunDMS」は、WEB設定画面、TELNET設定ではOFFになっておりますが、機能としては動作しており、管理サーバへ自動的に接続します。必要に応じて、改めて機能のON、OFFを設定ください。詳しくは取扱説明書をご参照ください。
Version.1.10.0 ダウンロード(Oct 31 2017)
  • 回線バックアップ機能の追加
  • 仮想サーバのインターフェイス設定に”全て”を追加
  • IPsecのインターフェイス設定に"自動"を追加
  • Web設定,TELNET設定におけるデフォルトゲートウェイ記述をゲートウェイに修正
  • APNの最後に空白文字が入った時エラーとならないように対応
  • 仮想サーバでポート番号変換が伴う設定に加え、INPUTフィルタリングポート番号指定をした場合、仮想サーバに接続できない問題を修正
  • IPsecの動作安定化
  • 圏外でモバイルの周波数を取得時に不正な文字が出力されるのを対策
Version.1.9.1 ダウンロード(Jan 26 2017)
  • 【お詫び】
    2017年1月16日にリリースしたファームウェアVersion1.9.0に不具合が見つかりましたので、新たに1.9.1をリリースいたします。1.9.0から1.9.1への修正項目は※になります。

  • ※WANハートビートが起動しなくなる場合のある問題を対策
  • NATトラバーサル機能を追加
  • WANポートのNAT設定を、工場出荷時設定から「有効」にするよう変更
  • アドレス解決機能でIP通知するインターフェイスを指定する設定を追加
  • DHCP機能において大量のDISCOVERパケットを受信し続けると割り当てが行われなくなる場合の問題対策
  • 外部からのDNS問い合わせパケットが「通過ログ」に出力されてしまう現象の対策、またNTP問い合わせの受信パケットが「遮断ログ」に出力される場合のある現象の対策
  • TELNETコマンドにおいて不正な「set mobile apn list」コマンドでエラー表示しない場合のある不具合を修正
  • INPUTフィルタリングにおいて、プロトコル・ポート番号が正しく適用されない場合のある不具合を修正
  • アドレス解決機能で一部メール送信できないサーバに対応(SMTPサーバ「qpsmtpd」)。また、メール送信先の設定で「ユーザ認証SMTP over SSL」、「ユーザ認証SMTP STARTTLS」の場合、複数アカウントにメール送信できない問題を対応
  • L2TP動作時にモバイル通信サービスが再起動する際、システムも再起動する場合がある問題を修正
  • WANポートをLANとして使用する設定とした場合、LAN1-LAN2間で大量通信した際に再起動される場合のある現象の対策
Version.1.8.0 ダウンロード(Jul 25 2016)
  • FORWARDフィルタリングの工場出荷時の設定から「受信」設定を削除
  • クリックジャッキングの脆弱性対策
  • CVE-2015-7547脆弱性を対策
  • WANハートビートの監視先の指定で「WANのゲートウェイ」の項目を削除
  • IPsecとPPTP接続を同時利用できるように変更
  • おやすみモード移行時にRAS着信すると24時間レジュームしなくなる場合のある不具合を修正
  • WANの設定が「DHCP」の時、DHCP再割り当ての際にアドレス解決機能が停止する場合のある不具合を修正
製品/サービス情報

お問い合わせ

Rooster RX280:アダプタタイプ、モジュール内蔵ルータ、端末外付けルータ、リナックスゲートウェイ等、各種シリーズを取り揃えております。複数のキャリアにも対応していますので、気になる製品がございましたら、お気軽にお問合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ