ニュースリリース

Rooster×トレンドマイクロ「TMIS」「高セキュリティリモートメンテナンスパック」新登場

2020年08月06日

サン電子株式会社はリモートアクセス向けサービスとして好評頂いております「リモートメンテナンスパック」シリーズの第3弾としてセキュリティ製品大手のトレンドマイクロ社が提供する「Trend Micro IoT Security(以下、TMIS)」サービスに対応し、セキュリティ対策を強化した高セキュリティ「リモートメンテナンスパックTMIS」を2020年8月6日より販売開始致します。

昨今の社会情勢及び働き方改革により、遠隔地にある設備や産業機器のトラブル対応や調査などリモートでメンテナンスを実施する需要が高まる一方、IoT機器を狙ったサイバー攻撃の急増などセキュリティの危険性も拡大しています。

本リモートメンテナンスパックは強固なセキュリティと負担のない運用によりIoT機器を安心して使用できるTMISサービスに対応していますので簡単かつ安全にリモートアクセスを提供します。

「リモートメンテナンスパックTMIS」はリモートメンテナンスに必要なTMISサービス他、高セキュリティゲートウェイおよび設定、LTE回線などをワンパッケージ化いたしました。

高速なLTE回線を介してインターネットVPNによるセキュアなネットワークに加え、トレンドマイクロ社の「TMIS」により強固なセキュリティリモートアクセス環境の構築を実現します。

NSX7000(TMIS版)

リモートメンテナンスパックTMISの特長

●高セキュリティ対応リモートメンテナンスパッケージをワンストップで提供
高セキュリティ対応ゲートウェイ(NSX7000)、キッティングサービス及びSunDMS(ダイナミックDNSサービス)、LTE回線(10GB)、TMISサービス各1年分の利用料金を含んでワンパッケージで提供します。
2台のゲートウェイでインターネットVPN+TMISサービスを構築する「拠点間接続プランTMIS」、ゲートウェイ1台とお客様PCやタブレット端末等でインターネットVPN+TMISサービスを構築する「リモート接続プランTMIS」の2つのサービスを提供します。

【拠点間接続プランTMIS】

拠点間接続プランTMIS

インターネットを介して離れた拠点間をゲートウェイとゲートウェイでVPN接続する構成です。
ゲートウェイとゲートウェイ間はVPN(IPsec)で接続する事でデータはAES256ビットで暗号化され高セキュリティなリモートメンテナンスが可能です。
本構成ではVPN接続操作はゲートウェイが自動的に行いますので、お客様ゲートウェイ配下に接続された端末は、VPN接続を意識する事なくローカル接続として利用する事が出来ます。
またTMISサービスにより強固なセキュリティ対策が可能となります。

【リモート接続プランTMIS】

リモート接続プランTMIS

インターネットを介して遠隔地に設置されたゲートウェイとお客様PCやタブレット端末等とVPNを接続する構成です。
拠点間接続プランと異なり、ゲートウェイは拠点側に1台設置するのみとなります。
ゲートウェイとお客様PCやタブレット端末間をVPN(PPTP/L2TP/IPsec)で接続する事でデータは暗号化され高セキュリティなリモートメンテナンスが可能です。
本構成ではお客様PCやタブレット端末からゲートウェイに対してVPN接続操作を行う必要があります。
またTMISサービスにより強固なセキュリティ対策が可能となります。

●TMISサービス対応
トレンドマイクロ社が提供するIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security(TMIS)サービス」に対応しています。
リモートメンテナンスパックTMISでは以下のサービスを提供します。

・IoTレピュテーションサービス(疑わしい機器との通信をブロック)
・Webレピュテーションサービス(危険なWebサービスへの通信をブロック)
・脆弱性スキャン(システムライブラリ関連情報をトレンドマイクロのクラウドで保持、新たな脆弱性を早期に検出)
・脆弱性対策(ネットワークからの脆弱性攻撃を防ぐ仮想パッチの適応。脆弱性から保護)
・E-mailレポート(定期的にセキュリティレポートをE-Mailで送信)

TMIS内容

●TMISサービスに対応した高性能ゲートウェイ「NSX7000」
本サービス用のゲートウェイにはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、MVNOの各通信事業者のLTE網対応の通信モジュールを搭載し、TMISサービスに対応した「NSX7000」を採用。高パフォーマンスプロセッサ (ARM Cortex-A9 1GHz)を搭載し、高度な各種ルータ機能に加え、無人環境での安定した運用を可能とする「ASC機能(自立接続維持機能)」、クラウド上でゲートウェイを一元管理が可能な「SunDMS」に標準対応しています。

●10GB大容量LTE回線プランを1年間使い放題
LTE回線は月間10GBの大容量データに対応したプランを採用し、1年間の通信費用を含んでおります。

●インターネットVPNによる高セキュリティ通信
ゲートウェイ間はVPN(IPsec)で接続する事でデータは暗号化され高セキュリティなリモートアクセスが可能です。

●ゲートウェイの設定はサン電子で実施
本サービスではこれまでリモートアクセスの導入にハードルが高かった「ゲートウェイのVPN設定」をサン電子で行いますので、お客様にて設定作業を行って頂く必要はありません。

●固定IPアドレスは不要。サン電子のSunDMSサービス(遠隔監視・ダイナミックDNSサービス)を1年間利用可能
サン電子の提供する遠隔監視サービス「SunDMS」及び有償サービスであるダイナミックDNSサービス1年分の料金が含まれており、動的グローバルIPアドレスの名前解決を行います。

SunDMS

●ご提供開始日
2020年8月6日(木)

●市場想定価格

商品名 拠点間接続プランTMIS
機器/サービス構成 NSX7000(MBアンテナ/ACアダプタ含む)×2台
TMISサービス×2アカウント(1年間分)
LTE回線(10GBプラン)×2回線(1年間分)
ダイナミックDNSサービス×1アカウント(1年間分)
キッティング作業×2台分
市場想定価格(税別) 348,000円
商品名 リモート接続プランTMIS
機器/サービス構成 NSX7000(MBアンテナ/ACアダプタ含む)×1台
TMISサービス×1アカウント(1年間分)
LTE回線(10GBプラン)×1回線(1年間分)
ダイナミックDNSサービス×1アカウント(1年間分)
キッティング作業×1台分
市場想定価格(税別) 178,000円
次年度利用時はLTE回線、ダイナミックDNSサービス、TMISサービスの次年度更新費用が必要となります。
仕様は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。
「Rooster」はサン電子株式会社の登録商標です。
その他、記載されている社名、製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。

関連URL

ニュースリリースURL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/press/newsrelease/200806_remotetmis.html
リモートメンテナンスTMIS URL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/remotemaintenancetmis/
Rooster NSX7000製品URL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/nsx7000/
TMISサービスURL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/tmis/

報道関係各位のお問合せ先

サン電子株式会社 M2M事業部
本社〒453-6120 愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番12 グローバルゲート20階
TEL:052-756-5986 FAX:052-756-5999
担当:森田 友美

製品・サービスに関するお問合せ先

サン電子株式会社 M2M事業部
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番地 富士ソフト秋葉原ビル11階
TEL:03-3525-8165 FAX:03-5289-7490
担当:営業部

ニュースリリース

お問い合わせ

自動販売機器、駐車場の監視、決済情報などにご利用できます。メーカーシェアナンバーワンの弊社であれば、お客様の課題の解決に幅広くご対応ができますので、お気軽にご相談、お問い合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ