製品紹介
概要
製品特徴
対応機種一覧
仕様一覧
プレスリリース


設定例
接続・設定例一覧
接続・設定方法


マニュアル
マニュアルダウンロード


FAQ
FAQ一覧


ファームウェア
更新履歴、F/Wデータ

Rooster-RW

製品特徴

ウィルコムが提供する「AIR-EDGE [PRO](エアエッジ プロ)」サービス専用端末「AX510N」に対応。(Ver.G〜)
 

RoosterシリーズとAIR-EDGE [PRO]サービスを組み合わせることで、最大8つの通信チャネルを束ねてパケット通信を行うことが可能となり、高速で、切れにくく、安定したモバイルデータ通信による高度なネットワークシステムを構築する事が可能となります。

「MEGA PLUS(高速化サービスV)」には対応致しておりません。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


ソフトバンク モバイル(株)の ソフトバンクコネクトカード 『VC701SI』 に対応 (Ver.D〜)

ソフトバンク モバイル(株)の第3世代携帯電話サービス 『ソフトバンクコネクトカード VC701SI』 を接続することにより、 下り最大384Kbps、上り最大64Kbps の高速のパケット通信および64Kbpsデジタルデータ通信を利用した ワイヤレスネットワーク環境の構築が可能となります。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


KDDI(株)の CDMA 1X WIN『W01K』に対応 (Ver.C〜)

KDDI(株)の新たな第3世代携帯電話サービス CDMA 1X WIN対応のデータカード 『W01K』 を接続することにより下り最大2.4Mbps、上り最大144Kbpsの高速のワイヤレスネットワークシステムの構築が可能となります。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


(株)ウィルコムのテレメタリングサービス専用端末 『TM-H301C』 に対応 (Ver.C〜)

(株)ウィルコムのテレメタリングサービス専用のパケット通信端末『TM-H401C』を 接続することにより、自動販売機などにPHS端末を内蔵させ、遠隔から監視/制御を行うシステムなどで利用することが可能となります。

テレメタリングサービスの詳細につきましては、(株)ウィルコムにご相談ください。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


LAN接続機能に対応 (Ver.C〜)

遠隔地に設置されたRooster-RW同士を、PHS、FOMA等の回線交換方式のワイヤレス回線を使って接続することにより、相互にアクセスが可能となります。


NTTドコモ FOMA 『F2402』 に対応

上りスループット最大384Kbpsに対応した(株)NTTドコモの FOMA 『F2402』 を接続することにより、 ワイヤレス環境においてブロードバンドに匹敵する上り/下り最大384Kbpsの高速パケット通信を利用したネットワーク システムの構築が可能となります。
ネットワークカメラなどと組み合わせることにより、FOMA網を利用した高速な遠隔監視システムの構築などが可能となります。

AV通信機能には対応致しておりません。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


WakeOn機能に対応

WakeOnサービス対応のAIR-EDGE端末をRooster-RWに接続することにより、(株)ウィルコム が提供するWakeOnサービスを、Rooster-RWで利用することが可能となります。
WakeOn機能を設定することで、待ち受け中のRooster-RWがAIR-EDGE端末向けのWakeOnトリガーメッセージを受信すると、 自動的に指定された外部ネットワークへのダイアルアップ接続を行うようになります。

(株)ウィルコムが提供するWakeOnセンター経由によるWakeOnトリガーメッセージの他に、AIR-EDGE端末によるライトメール送信によるWakeOnにも対応しています。
AIR-EDGE端末からRooster-RWへライトメール送信することにより、外出先でも利用することが可能となります。

これまでPDAなどの情報通信端末向けに活用されてきたWakeOnサービスが、Rooster-RWと接続されることにより、 様々な機器にも応用することが可能となります。

また、(株)NTTドコモが提供する WakeOnRing 機能への対応も予定しております。

  • 対応モバイルカード一覧はこちらをご覧ください。


WakeOn Voice機能に対応

WakeOn Voice機能を設定することで、待ち受け中のRooster-RWが携帯電話、固定電話などからの、AIR-EDGE端末向けの音声着信を受信すると、 自動的に指定された外部ネットワークへのダイアルアップ接続を行うようになります。

  • WakeOn Voice機能の設定方法は、こちらをご覧ください。


DoPa LAN接続機能、およびFOMA LAN接続機能に対応

カード型のDoPa端末及びFOMA端末をRooster-RWに接続することにより、 (株)NTTドコモの法人向けサービス DoPaによるLAN接続サービス、およびFOMAによるLAN接続サービスを利用することが可能になります。

Rooster-RWをクライアント側に設置することで、DoPa網及びFOMA網を 利用したPUSH型の高セキュリティでのリモートアクセス環境の構築が可能となります。


リモートアクセス機能

Rooster-RWは、PHS、FOMA、DoPa対応カード型端末による一回線収容のリモートアクセス機能を搭載しています。
社内LANなどのイントラネット環境に設置すれば、外部からモバイルカードなどによる64/32Kbpsダイアルアップ接続環境を構築することが可能となります。

対応しているプロトコルは、PIAFS 2.2/2.1/2.0/1.0 および FOMA64kbps/DoPaLAN着信となります。

別途着信機能に対応したカードが必要です。
リモートアクセス機能の設定方法は、こちらをご覧ください。


リモートアクセスセキュリティ機能

リモートアクセス環境の構築では、第三者による不正アクセスを防ぐ高度なセキュリティと、 利用者の権限に応じたアクセス管理が重要となります。Rooster-RWでは認証方式として、CLID/PAPに対応しています。
また、発信者番号を利用した電話番号認証(CLID)を10件まで設定可能です。(Ver.C〜 50件に拡張)

ユーザIDとパスワードによるユーザ認証(PAP)、Rooster-RWのファイアウォール機能を 併用すれば、強固なセキュリティの構築が可能となります。


アドレス解決機能 (グローバルIPアドレス通知機能)

Rooster-RWは、インターネットプロバイダへ接続するたびに変化するグローバルIPアドレスを、あらかじめ設定されているメールアドレスへ通知することが可能です。

通常、グローバルIPアドレスは接続するたびに変化する場合、システム構築を行うのは困難ですが、本機能により、低コストによる独自のシステム構築が行うことが可能となります。

ネットワークカメラ等の監視装置や、サーバーとの組み合わせなどで利用することが可能です。


アドレス解決機能 (ダイナミックDNSサーバー選択機能)

Rooster-RWでは、弊社と協業パートナー様が運営するASPサービスに標準で対応しております。
対応しているダイナミックDNSサービスは以下の通りとなります。



運用サポート機能

通信ログ、不正アクセスログをブラウザ上で表示が可能です。 またルータによるセルフメンテナンスも可能です。


その他の機能

  • AIR-EDGE、@FreeD、FOMA、DoPa によるダイアルアップ接続、およびADSLなどのブロードバンド回線での接続に対応
  • NAT/IPマスカレード、DHCPクライアントサーバー機能搭載
  • ファイアウォールにSPIプラス (ステートフル・パケット・インスペクション・プラス) 機能搭載
  • 特別なアプリケーションに対応 (NetMeeting対応)
  • VPNパケット (IPsec、PPTP) パススルー機能対応
  • PPPoE対応 (フレッツ・ADSL・Bフレッツ対応)
  • WWWブラウザによるウィザード形式簡単設定およびアップグレード可能
  • 4ポートスイッチングHub、リセットスイッチを搭載



  • 「RoosterCard(WN-100)」につきましては製造及び販売を完了しております。
  • 「Rooster-RW」、「SLEAD」、「Suncommunications」 は、(株)サン・コミュニケーションズの登録商標または商標です。
  • 「AIR-EDGE」、「WakeOnサービス」 は、(株)ウィルコムの登録商標です。
  • 「FOMA」、「DoPa」、「@FreeD」 は、(株)NTTドコモの登録商標です。
  • その他、記載の社名、製品名はすべて各社の商標または登録商標です。