サン電子株式会社

社員紹介

職種
開発系
スタッフ系
入社パターン
新卒
中途
社員一覧

Momomi-1

Takeya

ソフト技術開発室
開発4課

2004年 新卒入社

現在の仕事

遊技台の上部に設置されている情報表示端末の開発を行っております。

  • 業界シェア(売上)No1の商品を開発すること
  • 製品開発をスムーズに行うための新しい技術の習得
  • 他社が真似したくなるような製品を開発すること

キャリアパス

私は開発職希望で入社をしましたが、「商品の特性や使われる現場を知らなけらばモノは作れない」という事業部方針もあり、入社後2年間は製品の設置やメンテナンスなどのサービス業務を経験しました。
元々、私はパチンコやスロットの経験がなく、どのような製品が、どのような使用環境で、どのように使われているのかを知らなかったので、現場では日々学ぶ事ばかりでした。また、お客様の声を直接聞くこともできました。
現場作業を経験することで、パチンコ業界のデータ等、専門的な知識を得たり、お店の使用環境、商品の使い方等を勉強することができました。

その後、開発に異動し、ホールコンピュータの開発業務に携わりました。続いて、アラーム発生時に動画を保持するS100VS、サーバにデータを蓄積し企業内でデータ参照が出来るDuoWare、アラーム発生時にスタッフに報せる時計型端末(単方向通信)Sコール、情報表示端末 PREVO EX、PREVO SEといった、様々な自社製品の開発に携わりました。現場で得た知識をもとに、より良い製品開発を目指して取り組んでいます。
仕様・設計から試作を行い、実際に製品になり、最終的にお客様のもとに納品され、動作する所まで、全てを確認することが出来ます。製品の構想から導入までの全てに関われるため、多岐に渡り経験が積めると思います。

やりがい・成長

やりがい商品を開発する際に、自分の思いをぶつける事が出来ます。
例えば、今までに無い斬新な筐体デザインを考えたり、「必ずお客様に喜んでもらえる!」と思った機能を実際の製品に取り入れたり、仕様についても、自分で「こういう製品にしたい」という思いがあれば、積極的に提案しています。
自分の提案した機能が搭載された製品を、プライベート時間に見に行ったりすると、やはりうれしいですし、やりがいを感じます。 成長製品を作り上げる過程において、サーバの構築に関する技術面での知識だけでなく、モノづくりに必要な筺体やハードウェアについての知識を得るなど、幅広く学ぶ事が出来ます。
そういった様々な経験をする事で、自分自身が成長できている、と感じます。

ある一日のスケジュール

8:50
出社
9:00
朝礼
本日のスケジュールを課のメンバーと共有、メールチェック等
10:00
仕様書作成
新製品の仕様を考え、仕様書に落とし込む
10:30
ソフトウェアの改良
11:00
プログラムの確認
12:00
昼食
自宅が近いので戻ります
13:00
来客
部品メーカーと打ち合わせ。CPUや主な部品の選定を行う
14:30
来客
外注会社との打ち合わせ
16:00
打ち合わせ
仕様や進捗などをチームで確認、決定していく
17:00
現場からの問い合わせ対応
18:00
議事録作成
仕様書への反映等
20:00
退社、帰宅
ON

ON

OFF

OFF

休日行った旅行先、京都・天橋立にて。長~い足の間からの股のぞき!

前のページヘ戻る

ページトップへ戻る

サン電子へのご意見をお聞かせください。閉じる

頂いたご意見への回答は行っておりません。

クリア

意見を送る

閉じる

ご意見ありがとうございました。
今後に活用させていただきます。