製品/サービス情報

回線の冗長化と置き換え

通信障害時にもシステムが維持できるバックアップを構築

回線の冗長化分野での活用法

冗長化とは、システムの一部になんらかの障害が起きたときにも、システムが維持できるように予備設備を構築しておくことです。無線ネットワークにおいてはキャリア回線に障害が起きた場合にもシステムが維持できるように、複数のキャリアを使って、システム全体の安定性を担保します。

  • バックアップ回線の構築:メイン回線で使用しているキャリアAにキャリアB、キャリアCのバックアップ回線を用意できます。
  • 有線回線を無線に置き換え:無線に比べて通信がきれることがほとんどない有線回線を無線に置き換える際に、通信の安全性を確保するために冗長化する。
  • 回線増設時のコスト軽減:有線回線を増設する際にはケーブル敷設のための工事が必要になりますが、無線回線の増設ならコストを軽減できます。

主な課題と解決

通信が確実に行われなければならないシステムの回線では、メイン回線のほかにバックアップ回線を用意することで、安定運用をはかります。現在IoT/M2Mの分野ではISDNを使用しているシステムは多くありますが、NTT東西は2025年までに既存加入電話網をIP網に完全移行が決定しており2020年から順次サービスを終了していきます。これをきっかけに有線のISDN回線を無線に置き換える企業などが増えています。その場合の通信の安定性を確保するために冗長化は欠かせない技術になっています。サン電子なら複数の通信キャリアに対応した機器を用意しており、冗長化のシステム構築が容易です。また複数の回線を用意することはコストの増加にもつながりますが、ニーズに応える料金プランに熟知しており、通信コストを抑えた冗長化システムを構築できます。

サン電子の運用実績

IoT/M2Mルータの分野で長年の実績があるサン電子では、さまざまな通信キャリアの回線を扱い、各キャリア用の機器を用意しています。また山間部など回線のつながりにくい場所などでの設置などでの実績も豊富なので、キャリアごとの通信状況や、メリット・デメリットも熟知しています。さらにコスト削減へのアプローチとして要望の多いMVNOへの対応もしており、お客様のニーズにあったプランを提供できます。通信の安全性の確保とコスト削減の両面から最適なサポートをお約束します。

関連製品詳細

RX230 RX110 RX210 RX130 RX180 RX280 RX160 LS

関連導入事例

製品/サービス情報

お問い合わせ

通信障害時にもシステムが維持できるバックアップなどにご利用できます。メーカーシェアナンバーワンの弊社であれば、お客様の課題の解決に幅広くご対応ができますので、お気軽にご相談、お問い合わせください。

製品/サービス お問い合わせフォーム

FAQ

サン電子の製品・サービスについてのFAQをまとめました。
お客様からよくある質問をまとめてありますので、お問い合わせの前にご覧ください。

FAQページ

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ