製品・サービス

ハードウェア技術とソフトウェアを融合した製品とサービスで、
お客様ひとりひとりにあわせた最適解をご提供します。

BlueXtender

BlueXtenderは、多種多様なBLE(Bluetooth Low Energy)センサーを長距離通信化し、簡単にクラウド管理できるBLE IoTサービスです。

BlueXtender Gateway
(RoosterNSX)

BlueXtender Edge

メーカーが異なる様々なBLEセンサーの計測データを一括してクラウド管理することが可能です。

特長

Bluetoothの長距離通信化

Bluetoothの弱点とされる短距離通信をサブギガ通信を用いて長距離通信化を実現します。
さらにLTE通信をすることで現場のBLEセンサー情報を遠隔管理することができます。

多種多様なBLEセンサーと連携が可能

メーカーに依存することなく多種多様なBLEセンサーを組み合わせることができるため、スピーディーな課題解決に貢献します。

新しいBLEセンサーにも即連携

新たなBLEセンサーがリリースされても簡単な操作で連携が可能です。

Linkingデバイスに標準対応

NTTドコモなど国内複数企業が連携して推進するIoTプラットフォームLinkingのデバイス仕様に標準対応しています。

ダッシュボードで「IoT見える化」

BLEセンサーの計測値を一目で見える化できるダッシュボード(SunDMS Insight)を用意しています。
閾値によるアラートメール、帳票出力機能などを組み合わせることで効率的な管理をすることができます。

親機NSX7002

項目 仕様 備考
型番 SC-RNSX7002  
アクセス方式 LTE  
電源 DC5~48V(±5%)  
環境条件 動作温度:-20℃~60℃
動作湿度:0~85%(結露なきこと)
保存温度:-20℃~70℃
 
外形寸法 W132 x D101 x H36 mm (取付金具除く)  
重量 約530g  
耐ノイズ性 ACラインノイズ ±1000V パルス幅 100ns/1000ns
ノイズシミュレータによる
アンテナ除く
DCラインノイズ ±1000V パルス幅 100ns/1000ns
ノイズシミュレータによる
アンテナ除く
耐静電気性 直接放電 ±10KV(LANコネクタ外周部に印加)  
気中放電 ±10KV(LANコネクタ外周部に印加)  
振動条件 装置単体において、加速度19.6m/s²(2g)、振動周波数30~100Hzの振動(1掃引時間20分)を上下/左右/前後に加えた後に、各部の損傷、部品などに脱落がなく、機能・性能に問題ないこと  
法規制など 電波法 技適認証済みモジュールを搭載  
EMC VCCI class-A (NSX組み込みとして)  
有害物質規制 RoHS2準拠  
振動試験 JIS D1601-1995(自動車部品振動試験規格)3種-A種  
無線 親機-子機間 920MHz / 2.4GHz (dual)
  • サブギガ(ARIB STD-T108)およびBluetooth5.0に対応
  • 電波法およびBluetooth認証済デザインID取得/製品登録済

子機

項目 仕様 備考
型番 SC-COK001  
使用環境条件 温度:-20~60℃
湿度:0~85%
 
防水・防塵性能 IP65相当  
法規制など 電波法 技適認証済みモジュールを搭載  
EMC VCCI class-B  
有害物質規制 RoHS2準拠  
外形寸法 W75 x D75 x H22 mm
重量 約100g  
電源 コイン電池(CR2450)
  • コイン電池寿命:約1年間
    *ユーザー様で電池交換可能です。
    *寿命は定期計測間隔設定などにより変動します。
  • USB給電対応も可能です
内蔵センサー
  • 1. 温度
     -10~60℃ [±0.4℃]
  • 2. 湿度(いずれも30℃の時)
     0~80%RH [±3%]
     80~100%RH [±4.5%(最大)]
  • 3. 照度
     0.01~83,000lx
  • 4. 加速度(3軸)
     ±16G, 0.5Hz~3.2kHz
  • 5. 磁気感度
     3.0mT
  •  
    定期計測間隔 10 ~ 3,600 sec(60分)
  • 1 sec 単位で設定可能
  • ロガーモード時は、10msec~設定可能