サン電子株式会社

  • トップページ >
  • 製品ニュース >
  • ワイシステムサポート(YBMグループ)と富士通エレクトロニクスとサン電子、建機メーカー向けARアプリケーション開発の共同実証実験開始

企業情報

製品ニュース

2017/09/20

ワイシステムサポート(YBMグループ)と富士通エレクトロニクスとサン電子、建機メーカー向けARアプリケーション開発の共同実証実験開始

株式会社ワイシステムサポート(佐賀県唐津市 代表取締役社長 小林 勝海 以下「ワイシステムサポート」)、富士通エレクトロニクス株式会社(神奈川県横浜市 代表取締役社長 荻原 淳二 以下「富士通エレクトロニクス」)、サン電子株式会社(愛知県江南市 代表取締役社長:山口 正則 ジャスダック:6736 以下「サン電子」)の3社は、サン電子のスマートグラス、AR(※1)、業務支援ソフトウエア、SDK(※2)をトータルソリューションとして提供する「AceReal」を用いて、建機メーカー向けのアプリケーション開発の共同実証実験を開始しました。

※1 Augmented Reality:拡張現実のこと
※2 Software Development Kit:ソフトウエア開発キットのこと


スマートグラス ソフトウェア開発キット
スマートグラス ソフトウェア開発キット
※スマートグラスの形状は開発中のものです  

 

 

1. 共同実証実験の開始に至った経緯

ワイシステムサポートでは、株式会社ワイビーエム(佐賀県唐津市 代表取締役社長 吉田 力雄 以下「ワイビーエム」)のグループ会社として、システム開発、保守、管理を行っております。ワイビーエムは環境関連機器、土木建設機械、鉱山機械のメーカーであり、地盤改良用高圧ジェットポンプでは国内60%強のシェアがあります。今回、ワイシステムサポートがワイビーエム向けにスマートグラス用のARや業務支援機能を組み合わせたアプリケーションを開発し、ワイビーエムが抱えている業務毎の課題を解決し、業務効率化と品質向上を目指していきます。富士通エレクトロニクスのコーディネートにより、サン電子の「AceReal」を用いての実証実験を開始しました。

2. 共同実証実験の概要

「AceReal SDK」を利用してARアプリケーション開発を行い現場業務での有効性を検証していきます。
「AceReal SDK」とは、サン電子が自社開発したスマートグラス専用開発キットであり、空間認識型AR、音声認識、ボイス・ビデオチャット、WebViewなどの機能がラッピングされている拡張性の高いSDKです。マウス操作で搭載されたパーツを組み合わせるだけで、短期間でアプリケーション開発が行えるため、スマートグラス向けARアプリケーション開発の未経験者にも適しています。また、開発したアプリケーションは自社システムの連携も可能です。
ワイシステムサポートでは、スマートグラス向けのアプリケーション開発は今回が初めてになりますが、富士通エレクト ロニクス、サン電子のサポートにより、複数のアプリケーション開発を行い、現場作業での有効性を検証していきます。

3. 今後の展開

本実証実験では、ワイシステムサポートがワイビーエム向けのARアプリケーションの開発を進めていきます。また、その開発で取得したノウハウを利用して、建機メーカー向けのアプリケーション開発・販売を行うなど、新しいビジネスの創出を富士通エレクトロニクス、サン電子の協力のもと進めていきます。
また、ユーザーの現場で実際に使用して、建設現場の声を反映させていきます。それにより、建機メーカー向けの機能を追加するなど、ユーザーがより使いやすいAceReal SDKへ機能拡張を行います。


【 AceRealとは 】

「AceReal」はサン電子が自社開発しているスマートグラス、AR、業務支援ソフトウエア、SDKをワンストップで提供するトータルソリューションです。
「AceReal」のスマートグラスは、広視野角・高解像度・高輝度の両眼シースルーディスプレイを採用しています。防塵・防滴対応、ヘルメットを安全に被ることができるデザインになっていますので、現場作業で使用できるスマートグラスをコンセプトにしています。また、ステレオカメラを使用したSLAM(※3)技術により目の前の空間を把握することができますので、3D映像やPDF等のデジタル情報を空間上に固定し、現実世界に融合させることができます。

※3 Simultaneous Localization and Mapping:自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術

【 ワイシステムサポートについて 】

社名 : 株式会社ワイシステムサポート
本社 : 〒847-0031 佐賀県唐津市原1534
代表 : 小林 勝海
URL : http://www.y-sys.jp/index.html
建設機械の計測制御およびそのデータの利用に関するシステムの開発を行っております。開発においては大学、建設会社の研究開発部門と共同や親会社であるワイビーエムからの委託開発、共同開発などがあります。
また、その他にはワイビーエムグループ内の社内で使用する事務関連システムの開発・運用を行っております。

 

【 富士通エレクトロニクスについて 】

社名 : 富士通エレクトロニクス株式会社
本社 : 〒222-8508 神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目100番45
代表 : 荻原 淳二
URL : http://www.fujitsu.com/jp/group/fei/
最先端技術のLSIをはじめとした富士通ブランド製品や自社オリジナル製品、また国内・海外の様々なメーカーの商材を扱うエレクトロニクス総合商社です。お客様のニーズと世界中の半導体・電子デバイスメーカーの技術力をつなぐ橋渡し役を担いながら、営業、技術、ソリューション・サービス、グローバルデリバリーが一体となった総合サポート体制で、お客様と共に新しい技術・未来を創造するためのキーデバイスを提供しています。
今回の実証実験においては、サン電子と連携をしてワイシステムサポートへの窓口として検証を進めていきます。

 

【 サン電子株式会社について 】

社名 : サン電子株式会社
本社 : 〒483-8555 愛知県江南市古知野町朝日250
代表 : 山口 正則
URL : http://www.sun-denshi.co.jp/
情報通信関連事業とエンターテインメント関連事業を2本柱とするIT機器メーカーです。犯罪捜査機器や産業用向けIoTプラットフォーム、エンターテインメント向けの電子基板やゲームコンテンツなどハードウエアとソフトウエアの双方の技術を蓄積しています。これらの技術を活かし、ARなどの最先端技術を活かした高品質なトータルソリューションの提供を目指します。

【 関連URL 】

AceReal製品紹介サイト
http://acereal.jp/

本ニュースリリースURL
http://www.sun-denshi.co.jp/news/p_news/details/?id=338



※ 仕様は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。
※ 「AceReal」はサン電子株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】

■報道関係各位
サン電子株式会社 経営企画室 担当:菅谷    
TEL:0587-55-2201 FAX:0587-55-3851

■AceRealに関するお問い合わせ先    
サン電子株式会社 AceReal事業部 営業部営業課 担当:大木    
TEL:0587-55-2716 FAX:0587-55-3851

ページトップへ戻る

サン電子へのご意見をお聞かせください。閉じる

頂いたご意見への回答は行っておりません。

クリア

意見を送る

閉じる

ご意見ありがとうございました。
今後に活用させていただきます。